前へ
次へ

労働相談と相談場所について

パワハラ、セクハラ、給与不払い、過重労働など劣悪な職場環境の話題は事欠きません。
慢性的な人手不足と外国人労働者の起用で労働者の置かれた環境は以前にも増してストレスが増えています。
そんな中、労働相談が増加しています。
労働相談ができる場所には、国が管轄する機関や相談センターを中心に法律家が構成する相談所があります。
労働基準監督署を筆頭に、同署内にある総合労働相談センター、法律問題に関係する場合には法テラスがあります。
法テラスでは、実際に訴訟に発展しそうな場合には、弁護士や司法書士を紹介してくれます。
みんなの人権110番という法務省の管轄する相談所では、労働問題が人権に関与する場合に相談にのってくれます。
以上はすべて無料です。
また、弁護士などの法律の専門家が公的機関内で無料相談を設けている場合もありますので、県や市に問い合わせをして照会してみるのもよいでしょう。
労働問題は遠くにありそうで、実は身近な問題なのです。

Page Top